1. ホーム
  2. ニュース

ニュース

深川・留萌自動車道 の 大遠足に行ってきました

先日(9月29日)に令和元年度開通予定の「深川・留萌自動車度 全線開通記念 大遠足」に参加してきました。

このイベントは8月に開催を知り、自動車専用道路を歩くことができる願ってもないチャンスと思い、プライベートで申し込みしました。

当日の朝は曇りで肌寒くかったですが、スタート後には晴れて歩くには、この季節としては最高のコンディションでした。

200名ものたくさんの参加者に加えて留萌振興局管内のご当地キャラクターが勢ぞろいして、イベントを盛り上げていました。

会場には野村留萌振興局長がPR用のパネルをもって短パンで参加されていました(日焼したふくらはぎがパンパンの筋肉だったのが記憶に残っています)。

勢ぞろいした管内のご当地キャラ

ゆっくりスタートかと思ったら、皆さん以外にも歩くのが早い!!

国道232号までは市道と留萌川の堤防を歩き、やがて国道にぶつかると左折して前方に深川留萌自動車道の入口が見えてきました。(じわっと汗がにじんできて、これならランニングウエアできたらよかったと少し後悔しています。)

留萌川築堤から高規格へ

深川留萌自動車道に入ると、緩い登りがあり、そこを登りきると緩やかなカーブと長い下りが続き、いかにも高速道路といった感じを受けました。

そうしているうちに、左手前方には最初のエイドステーションがあり、管内のドリンクとお菓子が提供され、おいしくいただきました。

ここでは、記念写真スポットも設けられ、知らないふりして通り過ぎましたが、帰りには遠方からインスタ用のフレームを持った方が待ち構えており、逃げられず、もじもじしながらその仕掛けにはまってきました。(見苦しい写真ですみません)

我が社のプライベートエントリーのスナップです

折り返し地点でもエイドステーションがあり、飲み物とあの有名な「かずチー」がありました。

行きは少し早歩きでしたが、帰りはゆっくりと周りの風景も見ながら帰ってきました。

道路からは、今は使われていない旧留萌高校(何とか活用されてほしいです)や留萌市立病院など普段から見ている建物を別な角度からことができました。

そのなかで、深川から留萌方面を見たときに留萌市街地と青い空と雲のバランスが何とも言えませんでした。今後は大和田から留萌終点までの車窓からの眺めが今までにないフレームになるかもと勝手に想像していました。

ゴールには12時過ぎつく約2時間弱の遠足でしたが、今後歩くことのできない道路や普段でも歩くとの少ない私にとっては新鮮な体験と発見がありました。

今回の企画から準備そして当日の警備、エイドステーションや記念写真のスタッフなどイベント運営されました関係者の皆さんには感謝です。

これからこの新しい道路が新たな交流を湧き出たさせてくれような感じを持たせてくれる機会でした。

(文責 大舘)

もっと読む >>

ニュース

親睦事業に参加して

留萌にいる私たちの仕事仲間(6社)との年に一度の親睦事業のパークゴルフ大会に参加してきました。

事業主体は、私が会長を務めている「留萌測友会」でして、毎年この時期にパークゴルフ大会を催しています。

過去にさか登れば、麻雀大会から始まりボウリングなども実施しされてきましたが、時代の流れと留萌でただ一つのボウリング場の閉鎖により、現在は皆さんが楽しめるパークゴルフになっています。

幸いにもパークゴルフ場を留萌には複数箇所あり、開催場所を変えて楽しんでいます。

今回は起伏に富んだ「留萌の奥座敷」であります神居岩公園での開催でした。

当日はあいにくの雨の中でのプレーとなりましたが、総勢41人の選手がほとんどが普段から着慣れたカッパと長靴の格好で楽しんでいました。

開始時は天候も悪いので、9ホールで終了予定でしたが、水を含んだ芝と起伏が激しいコースのせいか、皆さんが発奮しているうちに1ラウンドの18ホールの対戦となりました。

各コースからは笑い声が公園内に響き渡り、忙しい日々の中に会員同士の親睦が高まったことと受け止め、雨の中でも皆さんが楽しんでいただけたことが今後の地元の同業者の結束が強くなっていく力かとも思っております。

ゲーム終了後は場所を居酒屋「将軍」に移して表彰式を兼ねた懇親会を行いました。

懇親会ではパークゴルフに参加できなかった方も加わり総勢50名のにぎやかな時間となりました。

優勝者と準優勝者は留萌測量設計の職員の方が受賞したこともここにお知らせします。

今後はさらに志向を凝らして、皆さんに喜ばれる親睦事業を図っていきたいと会長として受け止めています。

 

もっと読む >>

ニュース

新 技術士 誕生

 先日、平成最後の技術士試験の発表がありました。技術課長の伊藤が当社として2人目となる、技術士(建設部門)となりました。

 合格後に、日本技術士会へ登録しなければ、技術士として活動できないため。しっかりと登録させていただきました。

 ご存知でしょうが、技術士は我々建設コンサルタント業を営む企業において不可欠な資格です。業務を遂行するには勿論、建設コンサルタントを登録するためには、技術士が在籍していないとダメなんです。当社にとっても、社長に大舘に加えて技術士が2人体制となり、よりよいインフラ整備に寄与していきたいですね!!

 当社では、資格取得などに際して社長からのお祝いもあります。このようなお祝い事は事は毎年続いてくれるといいですね。社長の嬉しい悲鳴が聞けるように社員一同頑張っていきたいです。

 伊藤曰く、技術士1次試験を合格してから約10年の歳月をかけて技術士試験を突破したとのことで、感慨深い合格となりました。また、本人の努力もさることながら、会社や社長の後押し、普段お仕事をさせていただいている方からの情報提供などがあっての結果であると受け止めており、関わっていただいた皆さんに感謝しています。

合格後は様々なところでお祝いしていただきました。

ありがとうございました。

もっと読む >>

ニュース

研修旅行 おわり

研修を終えた我々は、汗を流し労をねぎらうため老舗の温泉へ。

温泉では

お決まりの社長のあいさつから宴は始まります。

おいしい料理を堪能し

お酒をいただき、親睦を深めます。

その後は、名司会による余興を楽しみ、、、

一喜一憂し、楽しみました。

また、近年資格を取得された方をお祝いし。

歌を歌い夜は更けてゆきました。

ホテル大雪さん、大変お世話になりますました。

また、研修場所を提供していただきました

測量資料館

http://www.asspythagoras.com/

會澤高圧コンクリート

https://www.aizawa-group.co.jp/

の皆さんありがとうございました。

来年もこの研修旅行を継続できるようにしたいですね。

4度にわたり、お届けしました研修旅行ブログにお付き合いいただきました皆様、ありがとうございました。

もっと読む >>

ニュース

昨年度の出来事ですが・・・報告です

今年の3月6日に留萌振興局さまから弊社が委託した業務が表彰されました。

普段のブログは社長である大舘が作成しておりますが、今回は受賞業務に関係した職員全員からどんな業務だったのか?何が自分たちとしてはよかったのか?などなどを募集し、ましたのを載せています。(一部は大舘が修正していますがほとんど原文です)

業務名「防災ダム維持管理 上小川地区 堤体変形測量」

1.松浦課長より(当該業務の管理技術者です)

 業務はダムの維持管理に伴う測量であり、堤体変形測量及び堆砂測量が主な内容です。
本業務はここ数年当社で業務遂行しており、継続的に実施している業務となっています。
過去にダム落水の手伝いを行ったり、放水トンネルの点検等を行ったり当社においても思い出深いダムであります。
その業務で感謝状を頂いた事はとても嬉しく思います。今後とも、成果の品質向上及び付加価値のある成果づくりを行って行きたいと考えております。

※ちょっと固いですが、恥ずかしさと嬉しさが混じった雰囲気です(大舘 談)

表彰される松浦課長賞状を受け取る松浦課長(管理技術者)

(中央奥で拍手しているのが私です)

2.野口係長より(調査から施工管理まで請負人)

 自分は堤体観測の作業を実施しました。
管理技術者と担当者が力を合わせた結果の表彰だと思います。
ただ管理技術者がしっかりしていないととれない賞だとも思います。

※シャイな表現で人格そのままですが、仕事仲間を讃えた表現が印象深いです    (大舘 談)

3.佐々木技師より(我が社のドローンパイロット1号)             上小川ダムの空撮に当たり、ここまで大規模な空撮は初めてで、又、周囲は山に囲まれており墜落しないか、山に衝突しそうだと凄く心配でした。無事、墜落させずに空撮は終了し、ホッと一安心。上小川ダム全体の写真を見て、オォ-と感動しました。
成果を提出したところ、発注者の方も出来映えに納得してくれました。
ただ一言、「これなら山の裏側まで欲しい」と言われ、「そうですね」と苦笑い。

※今回の業務での一番のポイントで、ドローンによる撮影と画像編集などを苦労して頑張っていました。彼は地元のイベントでも多様な飛行をして見せてもいまして、もしかしたら留萌のブルーインパルスのドローン版パイロットかも(大舘 談)

4.堀川技師(我が社の女性技師)                        私は、松浦課長はじめ皆さんの補助として、深浅測量・横断測量を現場で経験させて頂き、内業にも携わらせていただきました。
経験して感じたことは、毎年同じ業務だからこそ!でした。
同じ業務を過年度から継続しているからこそ、地形のちょっとした変化にも気づける。
過年度から継続しているからこそ、新しい提案などもできるんだと感じました。
継続は力なり。です。

※このコメントはよいですね。女性ならではの視点が今回の成果に活かされていることと思います。もしかしたら、男性諸君を誘導した影の管理技術者かも・・・なんせ元保育士ですから(大舘 談)

5.森技師(当社のいぶし銀技師)                        業務の中でエンビ杭と地すべりからエンビ杭を保護するためのコンクリートの型枠が必要となりました。
最低限の資材(エンビ杭・モルタル・砂・砂利・水・測量道具・・・)を小型船に搬入して、ダム湖の対岸に向かいます。
エンビ杭1本に対し、モルタルや砂・砂利が思いのほか使うこととなり、内心ヒヤヒヤでした。(もう1本分たりるかな~)
なんだかんだで最後のモルタル成型ですが、バイトで来てもらっていた人が、上手くて感動ものでした。

※材料をきっちり使う手法はさすがですね。バイトさんを讃えるのもよいですね    (大舘 談)

受賞者の皆さん

受賞者の皆さんおめでとうございます

 

さいごに                                    この度の受賞は管理技術者が単独で受賞できたことではなく、職員それぞれが協力して業務を通じて今までの経験とこの先を考えたことを実施した結果が、発注者さんの思いと一致したことと思っており、大変意義のある受賞と受け止めております。

また弊社は決して大それたことができる企業ではありませんが、これからも職員一同が求められることに真摯に立ち向かっていきますので、今後ともよろしくお願いします。

最後になりますが、関係者の皆さんに感謝のお礼を申し上げます。

この写真は、4年前に私が上小川ダムの放水路の変状調査に向かうカットです。

文責:大舘

 

もっと読む >>